Customers using Chrome version 83 might experience troubles to login. Please use the older version of Chrome or a different web browser to login. We are working on the solution.

パブリック ステータス ページ

CA App Synthetic Monitor のパブリック ステータス ページは、ユーザ自身が公開している Web サイトの健全性を示すページです。セットアップは簡単で、CA App Synthetic Monitor のすべてのお客様に無料でお使いいただけます。

パブリック ステータス ページとは何ですか?

CA App Synthetic Monitor のパブリック ステータス ページでは、組織の重要なサービスの可用性およびパフォーマンスに関する情報を表示できます。お知らせを投稿し、現在の問題について説明し、自社のドメイン名 (status.yourdomain.com など) を使用してステータス ページにアクセスできるように特別なホスト名 (CNAME) を設定できます。パブリック ステータス ページは、サイトと Web サービスのステータスを、サイトの訪問者に透明性を持って通知できる、操作の簡単な制御チャネルとして機能します。

CA App Synthetic Monitor のすべてのパブリック ステータス ページは、Amazon のクラウド インフラストラクチャ上でホストされます。このため、自社のサイトまたはサービスが利用できなくなった場合でもこれらのページを利用できます。

実例を挙げてください

多くの大企業では、重要なサービスが利用できなくなったときに即座にカスタマに通知できるように、パブリック ステータス ページを使用しています。よく知られている例は以下のとおりです:

パブリック ステータス ページ概要例 パブリック ステータス ページの詳細ページの例

どのように動作しますか?

パブリック ステータス ページは、CA App Synthetic Monitor Web サイト監視サービスに基づいています。CA App Synthetic Monitor によって監視されるサイトおよびサービスはすべて、パブリック ステータス ページに表示できます。パフォーマンスが正常である場合は緑のチェック アイコンが表示されます。確認されたエラーが監視から返された場合、パブリック ステータス ページには赤い感嘆符のアイコンが表示されます。正常なパフォーマンスに戻ったことが監視によって検出されると、パブリック ステータス ページが即座に更新され、緑のチェック アイコンが再び表示されます。パフォーマンスが低い場合 (ロードの遅いサイトなど) はオレンジのアイコンが表示されます。「遅い」の定義は、監視ごとに組織によって定義されます。

パフォーマンスまたは可用性の問題が発生した場合、CA App Synthetic Monitor アカウントでその問題に関する情報を追加できます。その情報 (例: '当社の技術者が解決に向けて作業中。サービスは 16:00 に復旧予定') はパブリック ステータス ページにプッシュされます。お知らせは、RSS フィードによって追加することもできます。

パブリック ステータス ページの機能はどのようなものですか?

  • シンプル セットアップ
  • 表示のカスタマイズ (ロゴ/HTML/CSS)
  • Amazon Web サービス プラットフォームでホスティング - サイトがダウンした場合も到達可能
  • 自動更新 - CA App Synthetic Monitor リモート監視機能の統合による
  • 制御 - パフォーマンス レベルと稼働時間チャートの対象/除外を定義
  • RSS フィードによるお知らせのインポート
  • ドメイン名をマスク (例 status.yourdomain.com)

お試しください

数分で独自の CA App Synthetic Monitor パブリック ステータス ページを作成します:

30 日間の無償トライアルサブスクリプションにサインアップしてください。

  • アカウントにログインして標準の監視設定ページに移動します。
  • 設定する各パブリック ステータス ページについて、新規の監視フォルダを作成します。
  • フォルダ内に、各主要サービスに対する監視を作成します (注: 監視の設定は慎重に定義してください。特に、パフォーマンスしきい値のタイマーには注意してください。社内連絡先グループ向けに、類似の監視グループを設定してより厳しいしきい値を定義できます。これにより、パブリック ステータス ページにパフォーマンスの問題が表示される前に、問題に関する通知を受信できるようになります)。
  • パブリック ステータス ページの設定ページに移動して [追加] ボタンをクリックし、前のステップで作成したフォルダを選択します。
  • オプションで、ドメイン内のホスト名を CNAME フィールドに追加できます。status.asm.ca.com を指すこのホスト名の CNAME レコードを DNS に追加する必要があります。
  • [パブリック指定] をクリックしたら完了です。ステータス ページが利用可能になるまでに 1、2 分かかる場合がありますのでご留意ください。データはまず Amazon AWS プラットフォームに転送される必要があるためです。
  • パブリック フォルダのリスト内の [プレビュー] リンクや [CNAME] リンクをクリックして、パブリック ステータス ページをテストします。監視にはそれぞれ次のような独自の詳細ページがあることを確認します: Wikimedia Foundation API のパブリック ステータス ページ
  • 表示される名前およびロゴは、アカウントの詳細で変更できます。
  • お知らせ (たとえば、「サイトの定期保守が 16 日火曜日の 23:00 - 2:00 の間に行われます」など) または現在のサービス問題に関するカスタマのアップデートをパブリック ステータス ページに追加します。
  • パブリック ステータス ページのカスタマイズの詳細については、ヘルプデスクにお問い合わせください。